失敗しないオリジナルTシャツの注文方法・メリットやコツを紹介

Tシャツ

Tシャツの合わせ方色々

赤いTシャツ

みなさんはTシャツ、よく着ますか?夏はもちろん、どの季節でも合わせやすいアイテムの一つですよね。でも、Tシャツにも色んな種類があります。無地か柄物か、ダークトーンか明るい色か、サイズ感などもあります。それぞれをどう取るかによって印象はかなり変わります。個人的おすすめなので当てはまらない人もいますが、それを承知で話します。
まず、完全に無地のTシャツはやめましょう。というのも、肌着に見えてしまうかもしれないから。せめてなにかワンポイントや織り柄が入ってるものにしましょう。そして、全体に総柄で入ってるものもあまり1枚で着ない方がいいです。大人の方がこれをやると、かなり子どもっぽくなります。総柄を着るなら上にシャツやカーディガンを羽織りましょう。
色合わせですが、デニムや黒パンが多い人は明るめの色を選ぶといいです。同系色の色になると全体が重くなって暑苦しく見えるからです。個人的おすすめはカーキです。明るい色ではないのですが、重すぎず、夏らしく着ることができます。チノパンや白が多い方はネイビーが夏らしくておすすめです。上も明るくなってしまうと逆にやんちゃに見えてしまうので、少し落ち着いた色の方がバランスが取れて丁度いいです。
現役アパレル店員がオススメするコーディネートでした。

ピックアップ

ロゴTシャツ

何枚あっても無駄にならないTシャツ

同じような服ばかり買ってしまって結局着ないで無駄になってしまったなんて経験は誰にでもありますよね。その時は着ると思うのですが、案外そのままタンスの肥やしに…

» もっと読む

赤いTシャツ

Tシャツの合わせ方色々

みなさんはTシャツ、よく着ますか?夏はもちろん、どの季節でも合わせやすいアイテムの一つですよね。でも、Tシャツにも色んな種類があります。無地か柄物か、ダー…

» もっと読む

紺のTシャツ

Tシャツを大人っぽく着こなす為の選び方

Tシャツといえば老若男女に愛用されている春夏ファッションには欠かせないアイテムです。だからこそ大人の女性がTシャツを着る時には、その着こなしに女性らしさを…

» もっと読む

トピックス

Tシャツを着たぬいぐるみ

赤いTシャツの着こなし方

赤は派手な印象があるので着にくい人もいるが、赤をさらりと着こなせると見た目からもお洒落に見えるようになります。インナーにはボーダーのカットソーを、ボトムスには黒のカーゴパンツを合わせます。インナーを入れて重ね着風に…